スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臺灣鐡道紀行 その4

台湾最終日、この日は高鐵で台北まで戻り松山から羽田へ飛ぶだけですが軽く。

IMG_1820.jpgIMG_1827.jpg
高鐵左營(新左營)から台北まで初日もお世話になった台湾高鐵に乗車。本家700系とは違った顔もなかなかカッコいいですね。

IMG_1834.jpgIMG_1836.jpg
贅沢にも商務車に乗車。お茶菓子と飲み物が付いてきます。電光掲示には日本の新幹線と概ね同じ内容ですが、こちらは結構な頻度で速度が表示されます。最高速度300km/hとはなっていますが信号の都合なのかそういうわけにもいかず… とはいえ1日がかりで莒光と自強で移動した前々日とは隔世の感を禁じえません。
IMG_1839.jpgIMG_1840.jpg
というわけで4日ぶりの台北。日本のような日本じゃないような何とも形容しがたい街並みを闊歩しお土産など調達し松山空港へ。

IMG_1844.jpgIMG_1849.jpg
セキュリティエリア内に入り軽く撮影。BRのMDはわざわざ名古屋まで撮りに行ったものです…w そして自分らが乗る767はウィングレット付き。平凡な767もウィングレットが付くだけでだいぶカッコよく見えるものです。

IMG_1858.jpgIMG_1860.jpg
茜色に染まる機窓を横目に高度39000ftの晩餐。エンターテイメントプログラムでお気に入りの曲を流しながらのひと時を過ごしているとあっという間に羽田へタッチダウン。4日間の台湾紀行が幕を閉じました。

今回は鉄道メインということでろくすっぽ観光せずにいろいろ回ってきましたが車両も多くが日本製だったり日本との関わりが当然深い台鐡、皆さまもぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。最後になりましたが同行していただいた某氏ありがとうございました。次回はぜひ観光でw
スポンサーサイト
近況報告というわけではないけども。 | Home | 臺灣鐡道紀行 その3

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。