スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臺灣鐡道紀行 その2

IMG_1496.jpgIMG_1502.jpg
台湾2日目。台北から自強號に乗車し揺られること3時間、扇形車庫がある彰化へ到着。荷物を預けて扇形車庫へと向かいます。

IMG_1512.jpgIMG_1513.jpg
IMG_1524.jpgIMG_1534.jpg
彰化の扇形車庫は日本統治時代に作られたものがそのまま現存する貴重なもの。訪れたのが土曜ということもあって家族連れも多く雰囲気はさながら台湾版梅小路。機関車は出てこないだろうと諦めかけたその時…
IMG_1571.jpgIMG_1578.jpg
出てきてなんと転車台上へ。


そしてグルっと転回。

ファンサービスだったのかそれとも実際の入換だったのかは定かではありませんが実際に見学できて満足。

IMG_1595.jpgIMG_1615.jpg
そして彰化車站に戻りいろいろと列車見学。偶然にも太魯閣号ことTEMU1000とも遭遇したりDR1000のラッピング車を見かけたり。

IMG_1618.jpgIMG_1636.jpg
台鐡の職員さんと 日 本 語 で雑談しているうちに南下する列車が到着。チキンラーメンことEMU1200で一路宿のある高雄へ。

IMG_1641.jpgIMG_1651.jpg
夕食はもちろん高雄最大の夜市、六合夜市でいろいろ買い出し。小龍包とラム?炒飯が美味だったのが印象的でした。

翌日はメインイベント、南廻線普快車を乗ったり撮ったり。続きます。
スポンサーサイト
臺灣鐡道紀行 その3 | Home | 臺灣鐡道紀行 その1

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。